前へ
次へ

子供の教育資金を貯めておきたい

待望の赤ちゃんを出産したら、子供の将来のために教育資金を貯めておく必要があります。将来は有利な職場で働くためには、学業に力を入れておく必要があります。現代は海外でグローバルに活躍したい人も多いため、中国語やフランス語、英語などの語学を身に付けておくことも大事です。子供が小さい間になるべく預貯金を貯めておく必要があります。子供が出来ると食費や生活費がかさんだり、突然病気になることもあるので、計画的にお金を貯めるのは難しいこともあります。日頃から銀行や信用金庫などで、積立預金をしてコツコツお金を貯めるのがお勧めです。銀行口座から自動的に引き落としにしておくと、毎月一定額のお金が貯まります。ある程度まとまったお金が出来たら、定期預金などにしておくと良いでしょう。現代は中学から私立に通う子供が増えているので、ある程度のまとまったお金が必要です。お金を貯めるのが難しい場合は、学資保険に加入をしておきましょう。

子供が高校や大学に進学をする時は、受験料や教材費、引っ越し代、家電や家具の購入などでお金が必要です。毎月預貯金をしていても、お金はかさんできます。大学入学時に必要なお金が足りない場合は、銀行やJA、信用金庫などで、教育ローンを組むことが出来ます。20歳以上で安定して継続した収入がある人は、一定の条件を満たしていると申し込みが出来ます。目的別ローンなので、キャッシングやカードローンに比べると、低金利で融資を受けることが出来ます。なるべく低金利で融資が受けられる金融機関を選ぶことが大事です。教育ローンは、子供の教育に関する費用にお金を遣うことが出来ます。アパートに入居をするための費用や、引っ越し代などに遣うことも出来ます。30代以降の会社員や公務員は、金融機関の信頼が厚いので、審査に通りやすいです。キャッシングやカードローンに比べると、長期的な融資を受けられるのが魅力です。なるべく短期間で返済すると、金利の負担を減らせます。

Page Top